モロヘイヤジュースおんらいん みみけ26申し込みました風呂 忍者ブログ
狂乱(主に夫婦)についてつぶやいているかオフライン情報載せたりするとか不定期気まぐれ更新■ 同人、二次創作などの意味がわからない方お嫌いな方は全力で引き返してください。
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12fa7836.jpg


















締切前日に気づいて焦って申し込んだよ!!
サークルカット苦手なんだけど焦ってかいたら余計なこと考えなかったせいか結構すぐに描けたよ…!
(クオリティとかは別として)

ネームノート開いてネタ練り始めたらむらむらしてきたよ。
この妄想のまま漫画に画像化できればいいのに…いつも出来上がるとなんか違うになってるんだよね…
冬コミの本は全力で愛を詰め込んだけどやっぱり時間不足な面があったのが否めない土下座感がただよっているので、今度は仕上げもがっつりガシガシ思う存分できるように頑張れるといいなぁ…(弱気)

そういえば友達が草津行こうって言ってて「露天風呂付の部屋にしよう」とか血迷ったこと言い出したのでなんでかと思ったらこういう妄想しろってことだったのね↓(おりたたみ)久々に文字打ったら勝手がわからんというか恥ずかしいななんだよこの夫婦もう
 

「猫さんと凰火さんはそっちね!みんなのことはちゃあんと面倒見るから絶対にこっちには来ないこと!」

 にこにこというよりにやにやとした長女にそう言われ、押し込められた部屋。今まで自分たちのいた部屋と少し違うのは窓の外に露天風呂がついていること。
 家族全員で温泉旅行に来たものの、子どもたちに部屋を追い出され夫婦ふたりきり。こんな部屋に押し込んだ長女の意図をまったく汲まず凶華はひとり露天風呂につかっていた。
「少し狭いが絶景を眺めながらの温泉を独り占め、よきかなよきかな」
 別にそこでなくとも夜は長い、あとでいくらでもどうとでもできるしと凰火は冷蔵庫から出したビールをあける。
「あぁ、確かに絶景ですね」
 窓の外に見える、風情ある露天風呂に浸かる最愛の妻。
 程よい湯気にぼかされながらも湯に濡れた髪や肌がやけに艶かしい。ちらりとこちらを振り返る凶華の翠色の瞳が凰火を捉える。
「な、んだ貴様なに見てる覗きか!?この変態眼鏡!」
「覗きも何も丸見えじゃないですかフルオープンですよ。襖も閉めないで入ったのは凶華ですよ」
 ごくりとビールを飲み干し少し楽しそうに笑みを浮かべる凰火に羞恥と苛立ちを感じ凶華はばかと小さく呟く。
「あぁもう凶華様の入浴シーンを見ながら酒を飲むでない!貴様も入ってくればいいではないか!?」
「先ほどあなたがテレビを見ながらすやすやとお休みになっていたので、その間に入りましたよ」
 ぐぬぬぅとお風呂のお湯をぶくぶくさせながら凶華が睨む。まったく怖くないそれに、むしろ上機嫌で凰火はコップにビールをそそぐ。
 凶華は諦めて凰火から視線をそらし、入浴を楽しむことにした。しかししばらくして気付いた。
 出るに出られないではないか。
 別に今更見られてどうという訳ではないが、こんな風にまじまじと見詰められているのに裸を晒すのも癪というか恥ずかしい。しかし出ないとのぼせてしまうし、いっそどこかに行ってくれないか駄眼鏡夫よと呪いつつ吹いてくる夜気でなんとか涼を取る。
 凰火も、凶華にしては長風呂だなと気付き、丁度ビールも終わったことだしと立ち上がる。
 トイレでも行くかと期待を込めた視線を向けると、トイレどころかこちらに向かってくるではないか。がらりと窓を開けると、ばさっと男らしく浴衣を脱ぎ捨て笑顔になる夫。
「僕も入りますよ」
 凶華の入る湯船から桶でお湯を掬い取りばしゃりとかけ湯をして、さて入ろうと足をかけると妻の顔は真っ赤に熟れ今にも蕩けそうだった。
「もうのぼせてしまいましたか……残念ですね」
「のぼせたっていうか…そういうんじゃなくて…」
 湯船の中でふらふらしている妻を抱き寄せる。ちょっとそこで涼みましょうねと湯から引き揚げると、凶華がだらりと体重を預けてくる。耳元に唇があたりくすぐったいなどと感じていると、ぼそりと囁きが送り込まれてくる。
「貴様が…意外とかっこいいのがいけない」
「……やはりのぼせているんじゃないですか」
 凰火は凰火で頬を火照らせながら脇に置かれた椅子に凶華をおろす。
 何も身に纏うものもなく凶華はなんとか腕で身体を隠しながら凰火を睨む。
「ばかっ!ばかっ!こっち見るな!!あっち!景色!!きれいだから!!!」
 湯船につかった凰火は「これまた絶景ですね」とにやにやしながら凶華を見詰めるのだった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは
こんばんは。ここでは初めましてになります。矢沢と申します。(PNはやざことしています)本当にいまさらながらですが冬コミお疲れさまでした。そして、とっても可愛い年賀状ありがとうございました。お気遣い頂きましてありがとうございます。あまりの嬉しさに挙動不審になってしまいました(笑)原作は終わってしまいましたがそのぶん妄想でカバーしつついます… 私は絵と文のカケラもないので碧愛さまの御本でモエの補給をしています。まだ寒さもこれから本番なので風邪など体に気をつけて下さいませ。長々と失礼いたしました。
やざこです 2012/01/11(Wed)21:31:44 編集
ありがとうございます
>矢沢様

こんばんは、碧愛こずです。
お返事遅くなりまして申し訳ありません。
コメントありがとうございます。
年賀状無事に届いたようでよかったです。
ここにあげたものと同じ量産型のもので大変申し訳ないのですが、喜んでいただけたようで何よりです。(しかも色々考えすぎて変な武装のものですみませんでした;
本当に、原作終わってしまって妄想でカバーするしかないですよね…!矢沢さんの妄想をのぞけたら…!と思ってしまいます(笑)。
私の本で補給していただけるなんて光栄です。
これからもできる限り頑張って作って行こうと思います。
矢沢さんもお体にお気をつけください。
ありがとうございました!!
碧愛こず 2012/01/11(Wed)22:43:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/03 碧愛こず]
[09/15 ツチノコ]
[01/11 碧愛こず]
[01/11 やざこです]
[01/08 碧愛こず]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
碧愛こず
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]